大地真央、石田純一、中村梅雀

「夫が多すぎて」が、またまた公演される。

「軽い」のが喜ばれるのか?

 

https://www.youtube.com/watch?v=JEDKHSqAzB0

にプレビューが。

 

日比谷シアタークリエにて、10月30日から。

藤野先生のこと その2

近くの図書館が処分した本の中に、『ペンギン帝国を築いた男 』(1981年)

J.E.モーパーゴ (著), 行方 昭夫 (翻訳)があった。「許せない」とばかり、私はその本をいただいて帰ってきた。たまたま、「この本をご存じですか?」と藤野先生にお見せしたら、猛然と、タイトル、出版社をメモされた。あんなに執着がおありだったら、差し上げればよかった と反省しています。

コメント: 2
  • #2

    Rambler (月曜日, 28 10月 2013 23:00)

    「翻訳は僕の息抜き」という凄い行方先生の、その凄さをモーム協会のために引き出しておられたのは、藤野先生だったんだと思い知らされております。例会出演者の選択、お膳立て、『Cap Ferrat』原稿集め、査読、編集、出版、・・・・頭が下がります。『Cap Ferrat』休刊を決められた行方先生の決断も、先生が、実情をよく理解しておられたから なんでしょうね。

  • #1

    錦官城 (日曜日, 20 10月 2013 23:17)

    図書館の処分本は全くのクズと、「どうしてこんな本を捨てるんだ」に別れますね。
    藤野先生はお読みになったのでしょうか。感想を伺うことも出来なくなってしましました。

春季例会から

宮川誠氏朗読。3か月猛練習の成果を披露。

出席者一同集合写真。

秋季講演会・作品鑑賞会から

10月12日実行委員のみなさん
10月12日実行委員のみなさん
入りきらなくて参加者が2組に
入りきらなくて参加者が2組に

『雨』鑑賞会

10月12日 大栗奈津子氏進行役
10月12日 大栗奈津子氏進行役

「英語圏文学とモーム」

6月29日の栂正行氏の講演
6月29日の栂正行氏の講演